脱毛ワックスについて

自己処理による脱毛法には、脱毛クリーム以外には、脱毛ワックスや脱毛テープで脱毛する方法があります。脱毛の方法は簡単で、脱毛したい箇所に貼り付けて、しばらく時間をおいてはがすと良いでしょう。

 

ただし、脱毛ワックスや脱毛テープを用いた脱毛法は、お肌が敏感な方やかぶれやすい方には、あまり適していません。脱毛したい箇所にくっつけるときは、とくに痛みはありませんが、あとではがすときに痛みをともないます。

 

はがすときの痛みとはいっても、そのときだけの痛みですが、はがしたあとにお肌が赤くなることもありますので、 1度使ってみて、お肌の赤みやかぶれが残るようであれば、使用を控えたほうが良いでしょう。

 

脱毛ワックスや脱毛テープを使うメリットをあげると、1度に簡単に脱毛できて、ムダ毛を毛根から脱毛処理できることです。ただし、デメリットをあげると、はがしたあとに埋没毛が出る可能性があることです。

 

はがすときの痛みがない脱毛法は、脱毛クリームや脱毛フォームがあります。脱毛クリームと脱毛フォームの違いをあげると、使用する薬剤はほぼ同じですが、脱毛クリームはクリームタイプであるのに対して、脱毛フォームは泡タイプの脱毛剤です。
ワンプッシュで泡が出て、浸透力が良く、脱毛クリームと同様に脱毛時の痛みはありません。