顔のうぶ毛のムダ毛をキレイに処理しよう

顔のうぶ毛が気になる場合は、電気シェーバーやカミソリなどを用いると、簡単に処理できて便利です。
顔のうぶ毛は、上から下の方向に生えているのが特徴的ですが、口や目の周囲は毛の流れが一定ではありません。
とくに、鼻・口・目の周囲は皮膚が薄くて、凹凸が多いので、ムダ毛を剃る時には十分に注意しなければなりません。
ここでは、顔のうぶ毛をキレイに処理する方法、その手順についてご紹介したいと思います。

 

顔のうぶ毛の処理の手順

1.額のうぶ毛から剃る

顔のうぶ毛は、上から下の順に剃ると良いでしょう。
まずは額のうぶ毛から剃り始めます。
額の生え際から1cm程度残しておくと、より自然な感じに見えます
額の端から剃ると、誤って髪の毛を剃り落としてしまう可能性がありますので、注意しましょう。
顔専用の電気シェーバーやカミソリを用いて、うぶ毛が生えている方向、毛の流れに沿って上から下に剃ります。
顔の皮膚を傷つけないように、優しくソフトなタッチで触れること

 

2. フェイスラインに沿って、こめかみ・頬・あごの順で剃っていく

額を剃り終えたら、次にフェイスラインに沿って、こめかみ・頬・あごの順にうぶ毛をカットします。
カミソリを使う場合は、刃先を斜めに寝かせると皮膚への負担を軽減させることができます
上から下にうぶ毛の流れに沿って剃りましょう。

 

3.鼻の部分は顔の中心から外側へと剃る

鼻の周囲のムダ毛を剃る場合は、シェーバーやカミソリをタテに持ち、顔の中心から外側にかけて剃ります
力をかけずに軽く流すような感じで、カミソリを持っていないほうの手で皮膚を軽く押さえておくと、スムーズに刃先を動かすことができます。

 

4. 目の周りは細心の注意を払いながら剃る

目の周囲は皮膚が薄くてデリケートなので、細心の注意を払いましょう。
目の下から頬の広い部位は、凸凹していて剃り残すことがありますので、できるだけカミソリの刃先を小刻みに動かすこと
そして、力を抜いて自然な流れに沿って丁寧に剃りましょう。
何度も同じ部位を繰り返して剃ると、皮膚の表面や角質層が削られてしまい、お肌ダメージを引き起こす原因となりますので注意すること。

 

5.口周りは、舌で内側から皮膚を押し上げながら剃る

口の周囲のムダ毛を処理する場合、舌で口元の内側から皮膚を押し上げるようにして剃ると、お肌に負担をかけることなく、見た目がとても自然な仕上がりになります。
小鼻のワキの部分を鼻を片方に倒すようにしてムダ毛をカットして、最後の仕上げとなります。

 

顔は、それぞれの部位によって角度や肌質、ムダ毛の流れにもさまざまな違いがあります。フェイスラインなど急斜面がある部位を脱毛する時は、肌に対して45度の角度でカミソリを持ち、毛の流れに沿って剃りましょう
顔のムダ毛処理する場合は、事前に化粧水やローションなどをつけてしっかり保湿を。処理が終わった後は、剃り落としたムダ毛が顔についていることがあるので、軽く洗い流します。最後に乳液やクリームなどをつけて、肌を優しくいたわって。剃った後の肌は敏感になっているので、なるべく低刺激で肌にやさしいタイプを選ぶようにしましょう。