腕と脚の自己処理による脱毛は、プレ・アフターケアが肝心!

腕や脚のムダ毛の自己処理は、処理時に注意をはらう必要がありますが、処理の前、そして処理後のケアにも注意が必要です。
自己処理で肌にダメージを与えることがないよう、気を付けたい点についてまとめてみました。
ムダ毛の処理をする際には、ぜひ実践してみてくださいね。

 

1. ムダ毛処理の前に、必ず肌を清潔にしておくこと

脱毛処理を行う前に、肌に雑菌が侵入して皮膚のかぶれや炎症を引き起こすことがないように、シャワーや入浴で肌を清潔にしておきましょう。
処理の前には、肌に潤いを与えるためにローションをつけるなど、肌を優しくいたわる工夫も必要です。

 

2. ムダ毛処理に使用する器具の汚れを落として清潔にすること

脱毛に使用するシェーバーやカミソリが目詰まりしていると、刃の切れ味が悪くなり、肌への刺激が強くなります。
1度使うだけで、剃り落としたムダ毛や皮膚の角質などの汚れが付着するので、汚れをその都度取り除いておくことが大切です。

 

3. 脱毛処理をした場合は、脱毛後のお肌を冷却すること

ムダ毛を抜いて処理する場合、ムダ毛と一緒に皮膚が引っ張られ毛穴が広がることがあります。
そのため脱毛処理の後は、肌のほてりや赤みなど、軽い炎症を引き起こす場合もあります。
脱毛した後は、冷やしたタオルなどで脱毛箇所を冷却させて、肌の状態を落ち着かせましょう

 

4. ムダ毛処理をした直後に、太陽の光を浴びないようにすること

除毛、脱毛等の処理をした後の肌は、角質層が薄くなっていて、いつもよりも敏感でちょっとした刺激にも反応します。
ムダ毛処理した直後に、太陽の光を浴びる、海水浴やプールに行くのは避けましょう。
肌の状態が落ち着くまでは、直射日光に当たらないように気を付けてくださいね

 

5. 脱毛した翌日以降も保湿ケアを欠かさないこと

ムダ毛の処理を行った直後、肌は刺激に敏感になっています。
美容液やクリームをたっぷりつけて、お肌を優しくいたわるつもりが、かえって負担をかけてしまうこともあるので要注意。
当日は、添加物が多く含まれたボディケア製品や、高濃度の美容液やクリームなどの使用を避けましょう
肌にやさしい低刺激タイプのローションやクリームで、翌日以降に肌の保湿ケアを行うのがおすすめです。