エステサロンや脱毛サロンのフラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛の特徴は?

「フラッシュ脱毛」は、インテンス・パルス・ライト (IPL) による光のパワーで、毛根のメラニンに働きかけることによって、体毛の再生力を弱くする脱毛の施術のことを言います。
カメラのフラッシュライトのような光を放つことから、フラッシュ脱毛と呼ばれていますが、エステサロンによっては、光脱毛やIPL脱毛と呼ぶこともあります。

 

それぞれ名称が異なるだけで、脱毛の施術の内容はほぼ同じものと考えて良いでしょう。
ただし、サロンや使用する脱毛機器によって、光を照射する時間や光の波長などに差が生じることもありますが、これによって、どのようなタイプの肌質に適応するのか(色が白い人や黒い人、毛量、毛質など)も違ってきます。

 

毛周期と脱毛エステに通う期間との関係は?

 

体毛は、成長期・退行期・休止期と呼ばれるサイクルを繰り返しています。
これを毛周期またはヘアサイクルと言い、成長期は体毛が生えてどんどん伸びる時期のことを指し、脱毛エステはこの時期に行うのが一般的です。

 

退行期は体毛が抜ける時期であり、休止期は体毛が生えてこない期間なので、この時期に脱毛エステに通っても、その効果は期待されません。
毛周期は各部位によりさまざまな違いがありますが、休止期は顔の体毛が約1か月、それ以外の部位は約2か月と言われています。
毛周期に合わせての間隔をあけて脱毛エステに通うと、効果が期待
できそうですね。
成長期にフラッシュ脱毛の施術を受けると、1~2週間後には脱毛した箇所の体毛が抜けて、1~2か月はつるつるになります。

 

その後、次の成長期に入り体毛がまた生えてきたら、同じように脱毛の施術を受けます。
何度か繰り返されることによって、体毛がしだいに薄く、そして細くなります。
エステサロンや脱毛サロンに通うほとんどの人が、2~3か月に1回の頻度で、脱毛の施術を受けて2年ぐらい通って終了します。

 

フラッシュ脱毛のメリットと期待される効果は?

もともとはフォトフェイシャルと呼ばれる美容の施術においてフラッシュ脱毛の機器が使用されていました。
フォトフェイシャルは“顔の肌の毛穴を引き締めることによって、明るい肌へ導く”という目的で行われていた美容の施術です。

 

この施術により、ムダ毛が薄くなったと報告されたことから、医師たちの間でIPLによる脱毛が可能なのではないかということで、研究が進められた結果、脱毛の効果が確認されたとのことです。
そして、エステサロンや脱毛サロンでは、光の出力が弱いフラッシュ脱毛の機器が導入されるようになりました。
もとは肌を美しくするための機器ということもあり、脱毛の施術で美肌効果も期待できるのが最大の魅力ですね。

 

脱毛サロンにフラッシュ脱毛が導入されると、光を広範囲で照射することが可能になり、背中や脚など広い範囲のムダ毛も、スピーディーに処理できるようになりました。
医療レーザー脱毛よりも光の出力が弱い分、肌に優しくて痛みが少ないのが特徴ですが、その一方で、「フラッシュ脱毛では永久脱毛の効果が十分に得られるものではない」という課題が残されています。
また、フラッシュ脱毛は光の出力が弱い分、産毛など薄くて目立たないムダ毛には反応しにくいのが欠点
フラッシュ脱毛は、あくまでも「ムダ毛のまったくない状態に近づけるための不再生脱毛」なのです。

 

フラッシュ脱毛を始めるタイミングは人それぞれですが、「夏までにきれいにしたい」「パーティーに招待されていて脚や腕を露出する洋服を着る機会がある」など、目標とする時期が決まっている場合は、スケジュールやタイミングに気を付けましょう。
夏になると、日差しが強くなり、日焼けがひどい時や体調が良くない時に無理をして脱毛の施術を受けると、トラブルの原因にもなります。
体調をベストコンディションに整えて、お肌のお手入れを丁寧にしておくことも忘れずに