絶縁針脱毛とは? 脱毛のメカニズムについて

「絶縁針脱毛」という言葉は、あまり聞き慣れない人もいるかもしれませんが、どんな脱毛法かご存知ですか?
この脱毛法は、名前にあるように針を用いる脱毛法です。

 

最近は、脱毛サロンでは光脱毛、クリニックではレーザー脱毛が主流になっているので、馴染みがなく、「痛みや安全性は?」「お肌に優しい脱毛なの?」と疑問点が浮かぶ人も少なくないのではないでしょうか
ここでは絶縁針脱毛の特徴やメリット、どのような場合に絶縁針脱毛による脱毛法が適しているかなどについて、紹介していきたいと思います。

 

肌にトラブルがある人や、肌の色素が濃い部分の脱毛に効果的

実は、絶縁針脱毛は医療行為
そのため、医療機関のみで可能な脱毛法で、美容サロンでは実施できません
昨今は多くの美容クリニックで、最新の医療レーザー機器による脱毛法が主流となっていますが、レーザー脱毛が不向きな部位や毛質に対しては絶縁針脱毛を取り入れているようです。
絶縁針脱毛に向いているのは柔らかい毛や白髪、そして肌の色素が濃い部分(ビキニラインや陰部、乳輪など)です。
また、肌にトラブルがある人でも脱毛できる可能性の高い治療法でもあります。
レーザー脱毛では脱毛が不可と判断された場合でも、脱毛できる可能性があるので、医師に相談してみましょう。
絶縁針脱毛は熟練した技術が必要なことはもちろん、施術に時間を要するため、近年は医療機関でも取り扱わないところが増えているそう。
絶縁針脱毛も検討したい場合は、通う予定のクリニックで対応しているかどうかも確認しておきましょう。

 

絶縁針脱毛について簡単に説明すると、脱毛する部位の毛穴に専用の針を挿入して、電気を通してムダ毛を根本から破壊するというメカニズムになっています。
毛が生える元から断つ脱毛法なので、ダイレクトに作用します。
医療レーザー機器による脱毛法は、絶縁針脱毛と比べると、脱毛箇所の毛穴に直接的に触れるわけではないので、間接的な脱毛法であると言えます。

 

針を用いる脱毛法は、今の時代から考えると原始的だと思われるかも知れませんね。
痛みが気になることと思いますが、もっとも痛みが強く感じられるのは、電気を通す時です
針を毛穴に挿入する時よりも痛みがあり、通電する時間が長いほど、痛みが強くなるものと考えられます。
また、毛穴に挿入する針の本数が多いほど、その分、痛みが強く感じられるようです。
通電する時間は、0.2秒~1.0秒と極めて短いですが、痛みを軽減させる方法もあります。
ひとつは、脱毛の施術が行われる前に、脱毛箇所をアイスパックで冷やしておく方法
もうひとつは、肌が敏感で痛みを感じやすい箇所に麻酔をかけてから脱毛処理を行う方法です。

 

脱毛時の痛みは麻酔でカバーし、スピーディーに脱毛を実施

 

絶縁針脱毛の施術の前に麻酔を用いることで、脱毛時の痛みが軽減されることはもちろん、出力を調整して効果的な脱毛ができるようになります。
脱毛機器の出力を極端に下げると、肝心の脱毛の効果が薄れてしまうこともあるのです。
また、麻酔で痛みを抑えることによって、脱毛の処理をよりスピーディー、スムーズにできるというメリットもあります。
麻酔の方法は、局所に注射する方法と、広い範囲に麻酔を塗る方法があります。
注射するタイプの麻酔は、広い範囲に使用すると、体内の麻酔の濃度が高くなるため、注意して行われます。

 

両ワキ脱毛やVラインなど狭い範囲での脱毛時にのみ、注射を用いるのが一般的です。
塗るタイプの麻酔の場合は、ひざ下や腕など広い範囲の脱毛の施術に使用されます。
どちらの場合も、脱毛した後は脱毛箇所を冷却して、赤みや腫れを早く引かせるように配慮が必要です。

 

絶縁針脱毛は、日本国内で初めての永久脱毛博士と呼ばれた小林医師が自らの実験により確率された方法。医師自らがムダ毛を脱毛し、ムダ毛の減少、毛穴が目立たないこと、脱毛後の肌トラブルがないことを証明しました。
これによって、絶縁針脱毛の安全性がより確かなものとなり、絶縁針脱毛は小林式脱毛とも呼ばれるように

 

一躍メジャーな脱毛法として世界に広がり、絶縁針脱毛が行われることとなりました。
もちろん、衛生面での管理も必要で、HIVウイルスやB型・C型肝炎などの感染症を未然に防ぐための対策が必要とされています。